難燃テトロン取扱い上の注意
■使用上の注意
1.
高温になると溶融することがあり火傷するおそれがあるので
火気に近づけない。高温物質との接触させない。熱源に近づけない。加熱しない。
2.
酸化剤、強酸、強塩基との接触は避ける。
3.
直射日光、高温多湿雰囲気を避ける。
4. 口に入れない。人体に使用しない。幼児の手に届かないようにする。
5. 出来るだけ製品が飛散しないようにする。飛散し場合は直ぐに拾い集める。
6. 著しく粉塵を発生させる使用は避ける。
7. 使用後は各自治体の定める方法に従って廃棄してください。
■火災時の消火方法
水、或いは一般消火器で消化するのがよい。
■目に入った場合
眼球を傷めないような清浄な水で洗い流す。異常があれば医師の診断を受ける。
■皮膚に付着した場合
水洗する。皮膚に異常があったら医師の診断を受ける。
■吸入した場合
咳払い、うがい、息を勢いよく吐き出す等により体外に出す。
異常があったら医師の診断を受ける。
■飲み込んだ場合
直ちに吐かせるようにする。大量に飲み込んだ場合は医師の診断を受ける。
■火傷した場合
直ち医師の診断を受ける。

戻る

Copyright ?2006 FUTON NO MASUDA all right reserved.